ブッチャートガーデン、大道芸人のパフォーマンス~ヴィクトリア旅行1日目

朝早くに起床。今日の昼飯をつくることに。おにぎりを作ろうと思ったんだけど、実は具がない。鮭やたらこは高いしね。だからと言って具無しおにぎりはさみしいので、よくあるお茶漬けのふりかけが混ざってるおにぎりを作ることに。

 

ただ、作り方がぜんぜんわからん(悩) はじめはご飯炊いてからふりかけを入れて混ぜようと思ったけど、それよりもあらかじめジャーに入れていっしょに炊いたほうが味がしみるかなと思ってやってみた。

結果は・・・・・、たぶん成功(^^; つーか、ほんとはどーやるのが正しいんだろう? 誰か知ってる人いたら教えておくんなまし。

 

 

8時過ぎに家を出て、待ち合わせ場所に急ぐ。無事みんなと合流。しかし、韓国人の女のコがなかなか来ない。待ち合わせ時間を30分以上過ぎてから登場。乗る予定のバスが遅れてたらしい。

その後、急いでフェリー乗り場まで行き、お昼前にフェリーに乗ることができた。フェリーはなかなか快適だった。景色もよく早速写真をとりまくった。

 

約1時間半でヴィクトリアに到着。それからヴィクトリアの中心部ダウンタウンまで移動。ホテルにチェックイン。荷物だけ置いて、すぐ観光に出かけた。

まずはオレが1番楽しみにしていた「シーニック・ドライブ」。ただ単に海岸線沿いをドライブするだけなんだけど、すごい景色がイイらしいんですごい楽しみにしていた。実際なかなかよかった。

 

それからRが熱望していた「ブッチャートガーデン」と言う、花だらけの庭園に行った。ここはほんとにいろんな種類の草花がある。日本庭園などもあった。

ただいわゆる日本にある庭園とは微妙に違う。日本の草花をそのまま置いてあるだけのような気がする。日本庭園って、もっと花や木、そして石などの配置や向きなどにすごい気を配ってる感じがする。緊張感があるって言うのか。まー、オレは素人なんでよくわからんが、なんとなくそんな感じしたのよ。でも、花好きにはオススメのスポットよ。

 

 

その後、ホテルに戻り、近くのレストランで食事。この席でも韓国と日本の違いが発覚。

最初にお酒が来たんだけど、そのときRがトイレに行ってて、いなかったのよ。なのに韓国人の彼らは先にお酒を飲み始めちゃったの。慌てて「ストップ、ストップ。」って言って、「日本はみんなが揃って乾杯してから飲むんだよ。」と説明。

 

聞くと、韓国ではそーいう習慣はなく、その代わり食事はみんな一緒に食べ始めるらしい。日本では料理が冷めちゃうからって、料理が来た人から食べちゃうけどやっぱ国が違うといろいろ違うんだねぇ。

んで、とりあえずRが戻ってきたところでみんな一緒に乾杯。お酒は日本式だったから、料理は韓国式でみんな一斉に食べようかと思ったら、全部一斉に運ばれてきて別に意識する必要なかった(笑)

 

そして、お食事。ここでまたちょっとオレとRはビックリしたんだけど、韓国人は食べるスピードがすごい速い。ほんとにただ食べるって感じに近い。これもまたオレとRで彼らに言ってみた。すると「オレ達もできるだけゆっくり食べるから、2人もできるだけ早く食べてくれ。中間のスピードで食べよう。」と提案。イイことだ。でも、やっぱり彼らは早かった(笑)

 

 

食事が終わり、外に出ると、広場で大道芸人がパフォーマンスをしていた。だいたい日本でやっているのと同じかな。定番のボールを使ったジャグリングとか、たいまつのジャグリングとか。

あとはしゃべりがおもしろいらしく(らしくというのは、もちろんオレがよく英語を理解できないからです、涙)、お客の笑い声が絶えなかった。

ただ、たいまつをズボンの中に入れて、足のすそから出すって芸があったんだけど、それってただ我慢してるだけじゃん?(笑)って思ってしまった。特別な技術がいるわけじゃないし。なんかエスパー伊東思い出しちゃったよ(笑) でも、なかなか面白かったです。

 

その後、ホテルに戻って酒盛り。最初はゲームなどをして楽しみ、その後は将来のことや恋愛などいろんなことをトークした。

予想はしてたけど、韓国人の彼らは将来のビジョンがしっかりしてる。カナダに来たのもちゃんと将来のことを考えてのことだ。なので、オレやRみたいに遊びでこっちに来たって感覚がどうもわからないみたいだ。だけど、こーいう違いがわかるのはいいね。いろいろ勉強になるよ。

 

今日の家計簿

  • 旅行代(最初に徴収された。ホテル代、レンタカー代など)-C$150.00
  • お酒-C$8.00
  • 大道芸人へのチップ-C$1.00

Total  C$159.00

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ